シミック株式会社シミック株式会社
治験
治験

目的
日本人健康被験者を対象にataluren のPK に対する食事の影響、安全性及び忍容性を評価する

性別

男性

年齢

18歳 以上 / 55歳 以下

試験フェーズ

フェーズ1

対象疾患
デュシェンヌ型筋ジストロフィー筋ジストロフィー
治験開始日2022年06月06日
IQVIAサービシーズ ジャパン..IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社
治験
治験

目的
GAD患者を対象としてベンラファキシン(75~225 mg/日)の抗不安効果の,プラセボに対する優越性を検討する。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
全般不安症
治験開始日2022年06月17日
サイネオス・ヘルス・クリニカル株..サイネオス・ヘルス・クリニカル株式会社
治験
治験

目的
標準治療(SoC)を受けているコントロール不良のHES 患者にdepemokimab 200 mg を6 ヵ月毎に皮下(SC)投与したときの有効性をプラセボと比較検討すること

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
18歳以上の好酸球増多症候群(HES)患者
治験開始日2022年07月01日
日本メドトロニック株式会社日本メドトロニック株式会社
臨床研究
臨床研究

目的
市販後の実臨床下において、日本人患者に用途に沿って使用されたMicra AVシステムの安全性及び有効性を特徴付けること

性別

男性・女性

年齢

下限なし / 上限なし

対象疾患
不整脈
治験開始日2022年08月01日
日本メドトロニック株式会社日本メドトロニック株式会社
治験
治験

目的
日本人患者における、胸骨下に植込まれたリードを有するシングルチャンバ血管外ICDシステムとして、MDT-1119システムの急性期の性能を明らかにすること

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
生命を脅かす心室性頻脈性不整脈不整脈
治験開始日2022年06月15日
IQVIAサービシーズ ジャパン..IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社
治験
治験

目的
非盲検12ヵ月延長試験の目的は、206713及び213744試験を完了した好酸球性重症喘息患者におけるGSK3511294(depemokimab)の長期間の安全性、有効性及び免疫原性を継続して調査することである。

性別

男性・女性

年齢

12歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
喘息
治験開始日2022年07月11日
大塚製薬株式会社大塚製薬株式会社
治験
治験

目的
Voclosporinの薬物動態に対する食事の影響を検討する

性別

男性

年齢

20歳 以上 / 40歳 未満

試験フェーズ

フェーズ1

対象疾患
ループス腎炎
治験開始日2022年07月27日
アッヴィ合同会社アッヴィ合同会社
治験
治験

目的
本継続投与試験の目的は,実施中の試験でベネトクラクスの忍容性及びベネトクラクスの投与によるベネフィットが継続して認められている患者を対象に,ベネトクラクスを提供すること及びベネトクラクスの長期安全性データを収集することである。

性別

男性・女性

年齢

下限なし / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
多発性骨髄腫
治験開始日2022年06月10日
大塚製薬株式会社大塚製薬株式会社
治験
治験

目的
2歳未満の乳幼児アトピー性皮膚炎患者を対象として, 0.3%OPA-15406 軟膏を 1 日 2 回, 4 週間塗布したときの有効性を検討する

性別

男性・女性

年齢

3ヶ月 以上 / 2歳 未満

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
アトピー性皮膚炎
治験開始日2022年05月19日
株式会社リボミック株式会社リボミック
治験
治験

目的
軟骨無形成症小児患者における、身長の伸びを含む臨床的基礎データを取得し、これらと比較することで、引き続き実施するRBM-007前期第II相試験での有効性及び安全性の評価を可能とし、また同時に当該試験での被験者選定を適切に行うことを目的とする。

性別

男性・女性

年齢

5歳 以上 / 14歳 以下

試験フェーズ

フェーズ2

対象疾患
軟骨無形成症
治験開始日2022年06月08日
ノバルティス ファーマ株式会社ノバルティス ファーマ株式会社
治験
治験

目的
本治験の主要目的は,盲検下独立評価委員会(BIRC)が判定する画像診断による無増悪生存期間(rPFS)を,標準治療 + 177Lu-PSMA-617 を受けたmHSPC 患者と177Lu-PSMA-617 を受けずに標準治療を受けた患者で比較して評価することである。

性別

男性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
前立腺がんがん
治験開始日2021年12月01日
ノバルティス ファーマ株式会社ノバルティス ファーマ株式会社
治験
治験

目的
本治験は,屈折矯正手術又は白内障手術から4 ヵ月以上持続しているCICP を有し,かつ観察期に疼痛が慢性的であることが確認された被験者にSAF312 点眼液を2 種類の用量・濃度で投与したときの安全性及び有効性を示すようにデザインされている。本治験では,今後の開発で検討を進める至適用量も決定する。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ2

対象疾患
角膜誘発性慢性疼痛慢性疼痛
治験開始日2022年03月01日
アッヴィ合同会社アッヴィ合同会社
治験
治験

目的
抗TNF療法が無効であった成人患者を対象に、中等症から重症の化膿性汗腺炎(HS)の徴候及び症状の治療におけるlutikizumabの用量A、用量B及び用量Cの安全性及び有効性をプラセボと比較して評価すること。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ2

対象疾患
化膿性汗腺炎
治験開始日2022年05月28日
グラクソ・スミスクライン株式会社グラクソ・スミスクライン株式会社
治験
治験

目的
鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(CRSwNP)患者と診断された被験者を対象に、標準治療併用下におけるdepemokimab 100 mg皮下投与の有効性及び安全性をプラセボと比較して評価する。 To evaluate the efficacy and safety of depemokimab 100mg Subcutaneous (SC) + Standard ...

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎
治験開始日2022年06月17日
アッヴィ合同会社アッヴィ合同会社
治験
治験

目的
日本及び台湾の統合失調症の急性増悪患者を対象として、 cariprazineの有効性、安全性及び忍容性をプラセボと比較評価すること。 本治験の二重盲検期間を完了した被験者を対象として、 18週間の盲検継続投与期間におけるcariprazineの有効性、安全性及び忍容性の維持を評価すること。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 65歳 以下

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
統合失調症
治験開始日2022年05月28日
IQVIAサービシーズジャパン株..IQVIAサービシーズジャパン株式会社
治験
治験

目的
本試験では、進行 HER2 陽性乳癌患者を対象に、維持療法としてトラスツズマブ及びペ ルツズマブと併用したときの tucatinib の有効性及び安全性を評価す る。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
乳癌転移性
治験開始日2022年02月28日
グラクソ・スミスクライン株式会社グラクソ・スミスクライン株式会社
治験
治験

目的
鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎(CRSwNP)患者と診断された被験者を対象に、標準治療併用下におけるdepemokimab 100 mg皮下投与の有効性及び安全性をプラセボと比較して評価する。 To evaluate the efficacy and safety of depemokimab 100mg Subcutaneous (SC) + Standard ...

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ3

対象疾患
鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎
治験開始日2022年06月17日
アムジェン株式会社アムジェン株式会社
治験
治験

目的
本治験の主な目的は、AMG 757とAMG 404の併用療法の安全性、忍容性及び第II相試験の推奨目標用量を評価することである。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ1

対象疾患
肺癌小細胞肺癌
治験開始日2021年09月27日
アッヴィ合同会社アッヴィ合同会社
治験
治験

目的
多発性骨髄腫を対象としてlemzoparlimabをデキサメタゾンと併用又は非併用,及び他の抗骨髄腫レジメンと併用したときの安全性と薬物動態を評価する。

性別

男性・女性

年齢

18歳 以上 / 上限なし

試験フェーズ

フェーズ1

対象疾患
多発性骨髄腫
治験開始日2022年06月20日
エムスリー株式会社エムスリー株式会社
臨床研究
臨床研究

目的
胸部単純 X 線画像による線維化を伴う間質性肺疾患(以下「線維化 ILD」と称す)を支援する CAD ソフトウェアの、非専門医による線維化 ILD診断における診断支援に対する有用性を、読影試験により検証する。

性別

男性・女性

年齢

20歳 以上 / 上限なし

対象疾患
間質性肺疾患
治験開始日2022年05月25日