高齢者における皮膚保湿方法の違いによる角質水分量の経時的変化

目的

皮膚は、加齢によって乾燥し菲薄化することで、摩擦や外力によって容易に裂傷が起こり得る。それらの症状を予防するためには、日常的な皮膚の保湿が必要である。一般的に皮膚の保湿は、保湿剤を皮膚に刷り込む方法が用いられているが、刷り込むことで摩擦や外力が生じる。そこで、摩擦や外力を生じない方法として噴霧による皮膚の保湿方法に着目した。本研究の目的は、刷り込みと噴霧という皮膚保湿方法の違いによる角質水分量の経時的変化を明らかにすることである。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    65歳 以上上限なし


    選択基準

    会話が可能であること


    除外基準

    透析療法、化学療法

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    角質水分量


    第二結果評価方法

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)