観察研究

心臓手術時の麻酔から覚醒する際の血液量変化についての研究

治験詳細画面

目的


当院で行われた心臓手術のデータを集め、全身麻酔からの回復に影響を与える要因を調べるための治験を行います。具体的には、カテーテル心臓弁手術(TAVIもしくはMitra Clip)の症例について、手術内容や背景疾患が周術期データに与える影響を調べます。

対象疾患


経カテーテル心臓弁手術

参加条件


募集中

この治験に参加するための条件は、年齢や性別に制限はありません。ただし、心臓の弁手術を受けたことがある人が対象です。ただし、麻酔から覚醒する前後に輸血を受けた人や、血液検査のデータが欠損している人は除外されます。

治験内容


この治験は、心臓の弁を手術する患者さんを対象にしています。研究のタイプは「観察研究」で、患者さんの状態を観察してデータを集めます。主な評価方法は、手術前と手術後の血液量の変化を調べることで、手術の影響を評価します。また、患者さんの背景や麻酔に関する情報も収集します。治験の目的は、手術の安全性や効果を評価することです。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


札幌医科大学

北海道札幌市中央区南1条西16丁目291

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。