セボフルランとプロポフォールが甲状腺手術時の神経モニタリングに与える影響:ランダム化比較試験

臨床研究

目的

甲状腺手術時には、反回神経損傷を予防するため、NIM(nerve integrity monitor)システムを用いて術中神経モニタリングを行う。各種麻酔薬には神経モニタリングを抑制する可能性があるが、NIMシステムに対する影響は明らかにされていない。本研究では、吸入麻酔薬セボフルランと静脈麻酔薬プロポフォールで、NIMシステムによる術中神経モニタリングに対する影響に違いがあるか検証を行う。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    全身麻酔下でNIMシステムを用いた術中神経モニタリングを施行する甲状腺手術を受けられる患者さん


    除外基準

    術前から反回神経麻痺など術中神経モニタリングに影響する可能性がある異常を認める患者さん

    神経筋疾患を有する患者さん

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    初回神経刺激時の反応陽性率


    第二結果評価方法

    筋弛緩薬投与から神経刺激陽性までの時間

    神経刺激波形の潜時と振幅

    術後反回神経麻痺の有無(手術直後、術後1週間後)

    利用する医薬品等

    一般名称

    セボフルラン、プロポフォール


    販売名

    セボフルラン吸入麻酔液「ニッコー」、1%ディプリバン注-キット

    同じ対象疾患の治験

    (1件)