全身性強皮症に伴う肺動脈性肺高血圧症症例におけるプロスタグランジンI₂受容体(IP受容体)作動薬の抗線維化効果に関する研究

臨床研究

目的

セレキシパグを導入した全身性強皮症に伴う肺動脈性肺高血圧症患者に、線維化病変を画像解析により定量化し、治療により線維化の進行が抑制されるかを評価する。さらに、改善の度合いにより患者の層別化を行い、治療による効果が期待できる因子を同定し、今後の治療戦略の指標を確立する。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

① 既存情報を用いる場合はカルテ記載時に年齢が18歳以上の者、新たに情報を取得する場合は同意取得時に年齢が18歳以上の者

② 肺血管拡張薬による治療が必要と判断された者

③ 本研究への参加について自由意思による同意が得られた者、もしくは研究の参加について拒否しない者


除外基準

① 妊婦、授乳婦または妊娠の可能性のある女性

② 脳器質的要因が強く疑われる者

③ CT撮像が困難な者

④ 抗線維化薬による治療を要する者

⑤ 過去に抗線維化薬を使用したことがある、もしくは、現在使用している者

⑥ その他、研究責任者が研究対象者として不適当と判断した者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

セレキシパグ投与における胸部CTデータをもとに定量化した正常肺容積または線維化病変容積のベースライン(※)から52週後までの変化率

※ベースライン:セレキシパグ投与直近12週以内の胸部CT撮像時


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

セレキシパグ


販売名

ウプトラビ錠0.2mg、0.4mg