全身麻酔中レミマゾラム血中濃度と各種鎮静モニターの関係性の検証:ランダム化比較試験

臨床研究

目的

本研究では、レミマゾラムによる全身麻酔中、BISモニターまたはSedlineを用いて鎮静度評価を行い、各種の鎮静度指標とレミマゾラム血中濃度との関係を検証する。それにより、レミマゾラム血中濃度との相関関係が良好な鎮静度指標を明らかにすることを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

参加条件

性別

全身麻酔を要する手術対象疾患全般


年齢

全身麻酔を要する手術対象疾患全般D000768


選択基準

男性・女性


除外基準

個々の対象者の中止基準

・患者から研究参加辞退の申し出や同意の撤回があった場合

・登録後に本研究参加への適格性を満たさないことが判明した場合

・有害事象の発生により本研究への参加継続が困難と判断された場合

研究の一部および全体の中止基準

・本研究に関連すると考えられる重大な有害事象が発生した場合

治験内容


主要結果評価方法

BIS値と血中レミマゾラムおよびPatient state indexと血中レミマゾラムの相関関係


第二結果評価方法

・レミマゾラム血中濃度の推移

・BIS値の推移

・Patient state indexの推移

利用する医薬品等

一般名称

レミマゾラム


販売名

アネレム