産後うつの麻酔薬への影響

臨床研究

目的

近年、産後うつが世界的に大きな問題として取り上げられているが、女性の社会進出に伴う晩婚化や出生前診断の技術の向上に伴い増加している子宮内胎児死亡や人工妊娠中絶に伴う精神的苦痛についても注目が集まっている。プロポフォールとデクスメデトミジンは共に集中治療領域で広く使用されており、それぞれNMDA受容体、α2受容体に作用し抗不安作用をもつ鎮静薬である。この2剤が患者にもたらす抑鬱状態への影響や、分娩時の麻薬の使用量、疼痛・鎮静スコアリング、分娩時間、呼吸循環動態、合併症出現の有無について前方視的に検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別


    年齢

    下限なし上限なし


    選択基準

    当院で子宮内胎児死亡および中期人工妊娠中絶で分娩した患者を対象とする。


    除外基準

    プロポフォール及びデクスメデトミジン、フェンタニルのいずれかにアレルギー歴のある場合、プロポフォールまたはデクスメデトミジンの禁忌に該当する場合、または患者さんの同意が得られなかった場合

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    BDI-Ⅱによる抑うつ状態の評価


    第二結果評価方法

    副次評価項目は麻薬の使用量、鎮静・鎮痛スコアリング、分娩時間、患者の呼吸循環動態、出血量、合併症の有無とする

    利用する医薬品等

    一般名称

    デクスメデトミジン


    販売名

    プレセデックス

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)