非特定臨床研究

静脈麻酔中に吸入麻酔薬を投与すると筋肉の反応に影響があるかを調べる試験

治験詳細画面

目的


脳神経外科手術で運動機能を維持するために、麻酔薬の効果を調べる治験を行う。プロポフォールという麻酔薬では、個人差によって予期せぬ体動が起こることがあるため、セボフルランという吸入麻酔薬を併用することで、体動を予防できるかどうかを調べる。具体的には、MEP波形の陽性率がどのように変化するかを検証する。

対象疾患


脳血管疾患
脳腫瘍
腫瘍

参加条件


募集前

治験に参加するには、20歳以上であれば男性でも女性でも参加できます。ただし、脳神経外科手術を受ける必要があります。手術中に全身麻酔が必要で、MEPモニタリングという検査を行います。ただし、MEPモニタリングができない場合は参加できません。

治験内容


この治験は、脳腫瘍や脳血管疾患の治療方法を研究するものです。研究のタイプは「介入研究」で、治療方法を試すことが目的です。主要な評価方法は、MEP波形の陽性率というもので、脳の神経伝達を測定することで治療の効果を評価します。第二の評価方法には、MEP波形の振幅や潜時、循環動態(血圧や心拍数)やBIS値が含まれます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

セボフルラン

販売名

セボフルラン吸入麻酔薬「ニッコー」

実施組織


札幌医科大学附属病院

北海道札幌市中央区南一条西十六丁目291番地

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。


運営会社

利用規約

プライバシーポリシー

お問い合わせ