頭部回旋位における声門上器具Proseal®とi-gel®の口咽頭リーク圧に関する比較検討:ランダム化比較試験

臨床研究

目的

全身麻酔中の気道確保器具として声門上器具は広く用いられるようになり、頭部回旋を要する脳神経外科麻酔領域でも使用されるようになってきた。われわれは、i-gel®とLMA-Supreme®使用時の頭部回旋位が口咽頭リーク圧を低下させることを明らかにした。今回、声門上器具であるAuraGain®とi-gel®使用時の頭部回旋位における口咽頭リーク圧を比較検討することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

全身麻酔を受けられる患者さん

ASA-PS(American Society of Anesthesiologists Physical Status)1-3の患者さん


除外基準

気胸などの肺圧外傷のリスクを有する患者さん

誤嚥および誤嚥性肺炎のリスクを有する患者さん

頭部回旋運動に対して制限を有する患者さん

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

各頭部回旋位(0°、30°、60°)における口咽頭リーク圧


第二結果評価方法

Ventilation score

10 mL/kg 従量式換気時の最高気道内圧

10 mL/kg 従量式換気時の呼気一回換気量

声門ファイバー所見

利用する医薬品等

一般名称

販売名