McGRATH MACの併用によるファイバー経口気管挿管

臨床研究

目的

ファイバー挿管は困難気道症例におけるゴールドスタンダードな気管挿管方法として知られるが、視野確保や気管チューブ挿入が問題となるケースをしばしば経験する。本研究では、ファイバー経口挿管時にビデオ喉頭鏡(McGRATH MAC)による喉頭展開を併用することで初回成功率が向上するという仮説を検証することを目的とする。

お問い合わせ情報

組織
札幌医科大学附属病院

メールアドレス
ke-rskk@sapmed.ac.jp

電話番号
011-611-2111

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

全身麻酔下で手術を受ける患者経口気管挿管による気道確保を予定する患者挿管困難が予想される患者


除外基準

20歳未満の患者意識下挿管を予定された患者経鼻挿管を予定された患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

気管挿管初回成功率


第二結果評価方法

気管挿管成功までの所要時間挿管困難スコア

利用する医薬品等

一般名称

販売名