肝内胆管癌の術後再発を予測するモデルの構築

目的

本研究の目的は、術前画像データを用いて、肝内胆管癌の術後再発を予測するモデルを構築することである。

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

肝内胆管癌


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

2000-2019年の間に、弘前大学医学部附属病院 消化器外科,乳腺外科,甲状腺外科において肝癌に対する手術が実施された症例を対象とする。

対象のうち、①手術時年齢が20歳以上、②病理組織診で肝内胆管癌の診断例の全ての選択基準を満たすものとする。


除外基準

周術期の臨床病理学的情報の欠落例は除外する。

治験内容

研究のタイプ

観察研究観察研究


主要結果評価方法

手術後再発


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

弘前大学医学部附属病院


住所

青森県青森県弘前市本町53