ユーモアスタイルが精神的健康に及ぼす影響―ユーモアの効果に着目して―

目的

ユーモアトレーニングによる実験的介入を行い,ユーモア傾向を高めることが心理社会的適応をするかどうか,明らかにすることを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

介入によって個人のユーモア傾向が高まり,精神的健康が促進されると想定される。


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 1ヶ月 以上上限なし


選択基準

大学生


除外基準

不適応状態の大学生

治験内容

研究のタイプ

その他介入研究


主要結果評価方法

日本語版ユーモアスタイル尺度


第二結果評価方法

日本版CES-D,主観的幸福感尺度,日本語版PANAS

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

山形大学


住所

山形県山形市小白川町1-4-12