遷延性術後痛の発症リスクを術前に評価する質問票の開発

目的

ADHDスコア、その他の痛み関連質問票のスコアは内因性鎮痛機能を反映するとの仮説を検証し、最終的には遷延性術後痛のハイリスク患者を術前に質問票から予測することを目指す。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

慢性痛


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

福島県立医科大学附属病院 整形外科脊椎外来に通院する慢性痛患者のうち、研究参加の同意が得られた患者を対象とする。


除外基準

20歳未満の者、精神疾患や認知症などで研究のプロトコールが理解できない者、圧刺激に耐えられない又は刺激部位に皮膚損傷などがある者は除外する。

治験内容

研究のタイプ

観察研究観察研究


主要結果評価方法

(主たる評価項目)術後6か月時点での痛みと術前の痛み関連評価尺度、CPM値との関連


第二結果評価方法

(副次的な評価項目1)痛み関連評価尺度と内因性鎮痛系の機能を示すCPM値との関連

(副次的な評価項目2)脊椎手術を施行された患者での術後急性期の痛みと術前の痛み関連評価尺度、CPM値との関連

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

福島県立医科大学


住所

福島県福島市光が丘1