観察研究

健康増進プロジェクトの健診データを使った食事バランス改善方法の開発

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、健康診断データを使って、食事や生活習慣と健康の関係を調べ、健康寿命を延ばすためのソリューションを開発し、将来の公衆衛生/栄養に貢献することです。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

生活習慣病
フレイル
認知機能
健康人
健康
貧血

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上であること、男性でも女性でもOKであることです。また、青森県弘前市岩木地区に住んでいることが必要です。そして、この治験の目的や内容を理解し、参加に同意することが必要です。ただし、特に除外される条件はありません。

治験内容


この治験は、健康な人を対象にして、生活習慣病やロコモ、フレイル、貧血、抑うつ、認知機能、睡眠などの健康状態の維持改善効果を調べるものです。治験のタイプは観察研究で、主要な結果評価方法は、体の健康と食事摂取、心の健康と食事摂取の関連性を調べることです。解析年度は2010年と2014年から2019年までです。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

国立大学法人 弘前大学

青森県弘前市在府町5

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。