健康ビッグデータを用いた味覚を介する疾患予防法の開発

臨床研究

目的

本研究では「岩木健康増進プロジェクト健診」の健康ビッグデータを活用し、味覚感受性と相関する疾患および原因因子を特定する。本成果により、味覚を介する疾患の発症リスクを導き出し、予防法および冶療法の開発につながるものである。

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

岩木プロジェクト健診、いきいき健診の参加者


除外基準

微量のカフェインを使用するために妊娠、授乳中の女性

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

味覚感受性


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名