乳酸菌ラクトバチルスRosell-11&52の腟内細菌叢に対する作用試験

目的

細菌性膣症の疑いがある女性を対象に、乳酸菌ラクトバチルスRosell-11&52を含有する食品の腟内細菌叢悪化の改善効果確認試験

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

膣内細菌叢の改善


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

女性


年齢

20歳 以上50歳 以下


選択基準

自由意思により試験への参加を表明した者のうち、下記の選択基準を満たし、除外基準に抵触しない者を対象とする

(1)同意取得時の年齢が20 歳から50歳までの生理がある女性

(2)事前アンケートにご協力いただける方

(3)事前に当該臨床試験の説明を受け、その内容が理解でき趣旨に賛同し、本人による文書同意が得られる


除外基準

(1)子宮および膣の疾患で病院に通院されている方

(2)抗生物質、抗菌剤を服用している方(1ヵ月内)

(3)ホルモン剤を服用している方

(4)授乳中の方

(5)乳酸菌・ラクトフェリンサプリメントを摂取している方(1ヵ月内)

(6)心臓、肝臓、腎臓、消化器等に重篤な疾患の罹患歴および現病歴がある者

(7)アルコール多量飲酒者

(8)食生活が極度に不規則な者、交代制勤務者・深夜勤務者など生活リズムが不規則な者

(9)薬剤、食品にアレルギーがあるもの

(10)他の医薬品または健康食品の臨床試験に参加中の者、試験終了後4 週間以内の者、あるいは本試験の参加同意後に他の臨床試験に参加する予定のある者

(11)その他、本試験に不適当と判断した方

(12)本人または、ご家族内で化粧品、医薬品、衛生用品会社にお勤めの方

治験内容

研究のタイプ

その他介入研究


主要結果評価方法

膣内細菌叢のバランス


第二結果評価方法

おりものに関する(悪臭がする、灰色になる、サラサラになるなど)自覚症状及び外陰部に軽いかゆみや腫れ等の自覚症状(アンケート)

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

札幌医科大学


住所

東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F