自殺未遂者の再度の自殺企図を防ぐための救急医療における自傷・自殺未遂レジストリの構築に向けた予備研究

臨床研究

目的

自傷・自殺未遂レジストリを整備することで、救急医療の現場で速やかに自傷・自殺未遂に関する情報を登録し、多施設のデータを集積、分析に用いることができれば、これまで自殺既遂症例の検証では把握できなかった自殺行動への促進因子や阻害因子が明らかになる期待がある。

本研究では、WHOが示している自殺未遂・自傷レジストリにおける推奨項目を土台として、日本国内の自殺未遂実態に基づく項目を加えた調査項目を策定し、オンラインによるレジストリシステムとしてプロトタイプを研究期間内に構築することを目的とする。さらに、共同研究機関において実際に試験稼働、内容の過不足や整合性について検討を行い、全国でのレジストリシステム稼働に向けた課題や改善点について明らかにする。

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

帝京大学医学部附属病院および共同研究機関を受診した自傷・自殺未遂患者(病院到着時心肺停止を含む)。


除外基準

同意できない患者。

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

オンラインによるレジストリシステムとしてプロトタイプを構築する。


第二結果評価方法

レジストラーの養成を検討する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名