在宅患者に対する電子的患者情報アウトカム(ePRO)を用いたAdvance Care Planningモデルの開発

目的

在宅終末期患者へのACPにおいて、患者の意思を継続的に確認できる仕組みをであるePRO型ACPモデルを開発し、臨床現場で運用および有効性を検証することで、新たに実践可能なACPのモデルを構築する

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 0ヶ月 0週 以上上限なし


    選択基準

    ①在宅医療を受けている患者

    ②担当医師によるサプライズクエスチョンに該当する患者

    ③同意取得時に患者および家族の年齢が20歳以上である

    ④研究対象者本人あるいはその家族がePRO型ACPを実装できる電子媒体を所有している

    ⑤本研究への参加について本人から文書により同意が得られた患者

    以上の5項目を満たす患者とその家族および介入した医療者を本研究による調査の対象とする


    除外基準

    ①意識障害や認知症によりACPを作成することができない患者

    ②すでに正式なACPが完成している

    ③研究担当者の判断により不適格と判断した患者

    以上の3項目のいずれかに該当する患者とその家族および介入した医療者を除外する

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    「患者の終末期における治療」における望みの達成度


    第二結果評価方法

    [患者対象]

    ・治療と療養生活 (在宅医療)に対する満足度

    ・ePRO型ACPモデルに対する満足度

    [医療従事者対象]

    ・治療と療養生活 (在宅医療)の提供に対する満足度

    ・ePRO型ACPモデルに対する満足度

    [家族対象]

    ・「患者の終末期における治療・療養」における望みの達成度

    ・治療と療養生活 (在宅医療)に対する満足度

    ・ePRO型ACPモデルに対する満足度

    ・望ましい死の達成の尺度 (GDI:Good Death Inventory)

    ・緩和ケアのケアプロセス評価尺度 (CES:Care Evaluation Scale)

    ・複雑性悲嘆尺度(BGQ:Brief Grief Questionnaire)

    ・出来事インパクト尺度 (IES-R:Impact of Event Scale-Revised)

    ・不安抑うつ尺度 (HADS:Hospital Anxiety and Depression Scale)

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)