非解剖学的肺切除術と胸腔内腫瘍生検・切除術における胸腔ドレーン非留置の安全性と有用性についての臨床研究

目的

術後の胸腔ドレーンは疼痛や離床の遅れの原因となり、早期抜去が望ましい。一部の選択された患者群では術後の胸腔ドレーンは必ずしも必要ない可能性がある。非解剖学的肺切除術と胸腔内腫瘍生検・切除術における術後の胸腔ドレーン非留置の安全性と有用性について検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

肺腫瘍・自然気胸・縦隔腫瘍・胸壁腫瘍


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

非解剖学的肺切除術を予定している

胸腔内腫瘍生検・切除術を予定している

文書による同意が得られている


除外基準

広範囲(一肺葉以上)の胸膜癒着があった症例

同側の解剖学的肺切除術の既往がある症例

術中のシーリングテストで最終的に肺瘻が残存した症例

術中に100ml以上の出血があった症例

著明な肺気腫(例;CTでLAA(低吸収域)≥全肺野の50%)、間質性肺炎、塵肺、嚢胞性肺疾患などの肺基礎疾患がある症例

手術終了から麻酔覚醒までの間に胸腔ドレーンからのリークを認めた症例

治験内容

研究のタイプ

手術・手技介入研究


主要結果評価方法

胸腔ドレーン再挿入を必要とする術後肺瘻の発生率


第二結果評価方法

術後在院日数

術後疼痛スコア

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

前橋赤十字病院


住所

群馬県前橋市朝倉町389-1