一般市民を対象にした児童虐待対応プログラムが及ぼす地域の子どもの見守り、児童虐待への対応に関する知識・認識・行動への効果:前後比較試験

目的

本研究の目的は、一般市民を対象にした児童虐待対応プログラムが及ぼす地域の子どもの見守りと児童虐待への対応に関する知識・認識・行動への効果を検証することである。

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上80歳 以下


選択基準

① 20歳以上~80歳

② 日本語会話・読み書き可能な者


除外基準

2021年11月6日(土)13時半~16時半と、11月12日(金)18時半~21時または

11月17日(水)13時半~16時のどちらかに児童虐待対応プログラムに参加できない者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

介入3か月時点の子どもの見守り・児童虐待通告に関する認識


第二結果評価方法

① 介入1か月時点での子どもの見守り・児童虐待通告に関する認識

② 介入3か月時点の子どもの見守り・児童虐待通告に関する知識

③ 介入1か月時点の子どもの見守り・児童虐待通告に関する知識

④ 介入3か月時点の子どもの見守り・児童虐待通告に関する行動

⑤ 介入1か月時点の子どもの見守り・児童虐待通告に関する行動

⑥ プログラムの満足度

⑦ プログラムにかかるコスト

利用する医薬品等

一般名称

販売名