2008年から2021までに当院NSTにて評価を行った90歳以上の入院患者の栄養評価

臨床研究

目的

 高齢者の指摘栄養投与量については、65歳以上の高齢者について、諸般の検討が行われてきた。しかしながら、90歳以上の超高齢者の栄養必要量については、従来十分な検討が行われていなかった。当院では2005年にNSTを創設し、以後長期にわたり、高齢患者のNST介入を行ってきた。そこで、当院で2008年から2021年までNST介入した90歳以上の超高齢者の栄養投与量を調査し、関連する諸因子の評価を行うことを目的とした、後方視的観察研究を行うこととした。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

90歳 以上上限なし


選択基準

2008年から2021年に当院NSTで栄養評価を行った90歳以上の症例全員


除外基準

なし

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

当院NSTにて2008年から2021年までに評価した90歳以上の高齢者について、栄養投与量の詳細を調査し、推奨栄養量を満たしている群と、満たしていない群に分け、性別、基礎疾患、栄養投与経路等の諸因子との関係につき統計解析する。


第二結果評価方法

2回以上NST介入した症例については、初回と2回目以降の栄養投与量、栄養評価を比較し、改善、不変、増悪に分けて、諸因子との関係につき統計解析する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名