全身性エリテマトーデス患者における、QoLが全般的労働生産性障害及び活動性障害に与える影響の検討

臨床研究

目的

日本人SLE外来患者を対象に、社会的寛解に影響を及ぼす主観的症状及び残存症状を検討し、LLDAS達成後に残存する疾病負荷を評価すること

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(20件)

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

1. 同意が得られた患者2. 年齢18歳以上の患者3. 16歳以降にSLEと診断された患者4. 1997年改訂米国リウマチ学会(ACR)分類基準又はSLICC分類基準により全身性エリテマトーデスと診断された患者


除外基準

1. SLE診断後12カ月以内の患者2.規定外来院時に入院が必要と判断された患者3.研究実施計画書を遵守できる可能性が低い、又はその他の理由で不適と医師が判断する患者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

LLDAS達成後に残存する疾病負荷


第二結果評価方法

2群(非LLDAS/LLDAS)における、活動性障害と各種PROの関連性

利用する医薬品等

一般名称

販売名

同じ対象疾患の治験

(20件)