SNSを活用したオンライン大腸がん検診勧奨と精密検査勧奨

臨床研究

目的

コロナ下において, 病院へのがん検診控えが明らかになった。大腸がんの検診勧奨から検診結果通知、さらには精密検査の勧奨までの連絡手段のツールとしてLINE, Meetやzoom等を活用しオンライン、さらに便潜血検査は郵送で行い、実用性があるかどうかを探索する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

40歳 以上上限なし


選択基準

1)40歳以上の健康成人2)LINE, Facebook Messenger or 電子メール 等が利用可能な者 3)本人よりがん登録への個人情報提供等の文書同意が可能な者


除外基準

1)重篤な合併症(心不全、腎不全、肝不全、出血性の消化性潰瘍、コントロール不良な糖尿病など)を有する患者2)その他、研究担当医師が本研究を安全に実施するのに不適当と判断した患者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

下記のwebサイト流入元別の研究参加同意率1.自然検索流入(Google検索で直接サイトへクリックなど)2.有料検索流入 2.2. Google検索広告2.3. Youtube 広告3.SNS流入3.1. Line広告3.2. Facebook広告3.3. うんコレ腸内会3.4. ピアリング4.その他の外部サイトからの流入(個人ブログ等)


第二結果評価方法

本研究における副次評価項目は以下とする。1)がん検診参加率(検診の返送率)2)SNSを用いた検診結果説明とその返答のテキストマイニング3)オンライン会議ツールを利用した検診説明を行った医療者へのアンケートもしくはヒアリング4)LINEやYoutubeチャンネル等での大腸がん検診参加への投稿内容のテキストマイニング5)主要評価で参加した者のがん検診陽性率6)がん登録とのリンケージによる感度特異度7)がん登録とのリンケージによる発見されたがんの進展度8)がん登録とのリンケージによるがん有りの者の5年生存率9)参加者の次年度への参加率10)別研究(Vivoly とLINE の機能の連携研究, 内視鏡検査実施後の医療機関とのやり取りをLINE上で行う)紹介へのクリック率

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報