終末期医療ガイドラインに基づく選択肢提示の診療録上の記録に対する効果-2種類の説明文書を用いたランダム化比較試験-

目的

本研究は、昭和大学藤が丘病院において、医師が現同意書を用いて終末期医療の説明をする際に、① “救急・集中治療における終末期医療に関するガイドライン~3学会からの提言~”に準じ、希望する終末期医療を確認するための補足説明が記載された説明文書を使用② ①に加え、“臓器提供施設マニュアル”に準じ、臓器・組織提供についての希望を確認する補足説明が記載された説明文書を使用の2群を比較し“医師の臓器提供の希望に関する診療録上の記載内容”について比較し、②の効果を検討することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    下限なし上限なし


    選択基準

    昭和大学藤が丘病院救命救急科に所属する医師


    除外基準

    初期研修医

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    患者及び家族の臓器・組織提供に対する意思について、医師による診療録上の記録の有無


    第二結果評価方法

    臓器提供の態度、心理的ストレス反応、自己効力感

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)