人工知能を用いた大腸内視鏡検査の性能検証研究

臨床研究

目的

本研究は、人工知能を用いた大腸内視鏡検査による腺腫検出率の評価を目的とする。研究に掛かる項目は、1. コンピュータプログラム(Python random module使用)による個別ランダム化/Individual Randomization,2. 試験参加者がブラインド化されている単盲検/Single blind -participants are blinded,3. 無介入対照/No interventionの設定,4. 封筒法による割り付け/Numbered container methodである。

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

30歳 以上75歳 以下


選択基準

大腸がん内視鏡検診、便潜血陽性の精密検査、大腸ポリープ切除後の経過観察


除外基準

大腸外科手術歴を有する症例

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

全大腸内視鏡検査における腺腫検出率


第二結果評価方法

直腸S状結腸内視鏡検査における腺腫見落とし率

利用する医薬品等

一般名称

販売名