観察研究

糖尿病患者の皮膚の乾燥、血管や血流の問題、神経の障害についての研究

治験詳細画面

目的


この治験は、糖尿病の皮膚病態を調べ、皮膚乾燥や血管・血流障害、神経障害の関係を探ることを目的としています。特に、血管・血流障害が皮膚乾燥や神経障害にどのような影響を与えるかを確認するために行われます。

基本情報


募集ステータス

研究終了

対象疾患

糖尿病

情報なし

参加条件


この治験に参加できるのは、男性で40歳以上60歳未満の方です。糖尿病を持っている方と、持っていない方の2つのグループがあります。糖尿病を持っている方は、通院している2型糖尿病男性患者で、文書による自発的な試験参加の同意が得られる方が対象です。一方、糖尿病を持っていない方は、成人男性で、文書による自発的な試験参加の同意が得られる方が対象です。 ただし、参加できない方もいます。糖尿病を持っている方は、神経障害を生じうる疾患(糖尿病を除く)の既往や合併がある方、皮脂欠乏症を来す疾患(生理的要因、環境要因による乾皮症を除く)の既往がある方、評価部位に皮脂欠乏症以外の皮膚疾患を併発している方、糖尿病性の足潰瘍や足壊疽を有する方、神経障害性疼痛治療薬を服用している方、精神系疾患を罹患している方、末梢血管拡張薬(α受容体刺激薬、プロスタグランジン製剤、ニコチン酸系薬など)を服用している方、日常的に評価部位に対して保湿剤(医療用医薬品、一般用医薬品、医薬部外品、化粧品)を使用している方、その他、研究責任者(研究分担者)が不適当と判断した方は参加できません。糖尿病を持っていない方も同様に、神経障害を生じうる疾患の既往や合併がある方、皮脂欠乏症を来す疾患(生理的要因、環境要因による乾皮症を除く)の既往がある方、評価部位に皮脂欠乏症以外の皮膚疾患を併発している方、内服薬、外用薬、注射薬などの薬剤(一般用医薬品を含む)を長期使用中(28日以上)の方、日常的に評価部位に対して保湿剤(医療用医薬品、一般用医薬品、医薬部外品、化粧品)を使用している方、その他、研究責任者(研究分担者)が不適当と判断した方は参加できません。

治験内容


この治験は、糖尿病という病気について調べるための観察研究です。研究の目的は、患者さんの皮膚の水分量や血流量、毛細血管の状態などを調べ、治療の効果を評価することです。また、治療によって起こる可能性のある有害事象も調べます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

聖路加国際病院

東京都東京都中央区明石町9-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。