観察研究

遺伝子解析によるT/NK細胞関連疾患の研究

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、T細胞やNK細胞が関与する疾患において、遺伝子変異プロファイルを明らかにすることで、疾患の発症や難治化に影響する遺伝子群を同定することです。この解析によって、将来的に診断基準の一部となったり、新しい治療薬の開発のための基礎データが得られる可能性があります。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

大顆粒リンパ球白血病(アグレッシブNK細胞白血病、NK細胞慢性リンパ増殖異常症、T細胞性顆粒リンパ球白血病) 赤芽球癆等

情報なし

参加条件


この治験に参加できるのは、16歳以上の男性・女性です。対象者は、病気があるか、病気の疑いがある人です。また、健康な人もコントロールとして参加できます。ただし、強制的に参加させることはありません。特に除外される条件はありません。

治験内容


この治験は、大顆粒リンパ球白血病や赤芽球癆などの病気について研究するものです。研究のタイプは観察研究で、主要な評価方法は遺伝子変異陽性率と変異部位です。また、第二の評価方法は無増悪生存期間、治療奏効率、全生存期間です。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

信州大学

長野県松本市旭3-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。