静脈内鎮静法における呼吸状態と患者満足度に関する検討:観察研究

臨床研究

目的

本研究では静脈内鎮静法を併用して歯科治療を行う成人に対し、睡眠検査、鎮静中の詳細な呼吸モニタリング、不安や人格特性といった質問票と、満足度などに関するアンケート調査から以下の点を明らかにする。

1) 鎮静中の呼吸トラブルと患者満足度に関係があるのか

2) 睡眠時無呼吸の重症度が高いと、鎮静中の呼吸トラブルが増加するのか

3) どのような特性の患者で鎮静が困難となるのか、また満足度が低下するのか

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) 静脈内鎮静法下に歯科治療を行う

2) 同意書取得時年齢が20歳以上の成人の方

3) 本研究への参加について本人から文書により同意が得られた方


除外基準

1) IVSが非適応の患者

2) 研究責任医師または分担医師が不適格と判断した方

3) 研究参加に同意を得られない方

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

無呼吸異常指数(無呼吸)


第二結果評価方法

簡易睡眠検査装置のデータ、睡眠検査記録、アンケート結果、患者記録、脳波記録、バイタルサイン記録、麻酔記録、各種計測機器の記録

利用する医薬品等

一般名称

販売名