その他

高濃度水素ガスを吸入すると、下半身の血流量、筋肉の柔軟性、関節の可動域にどのような影響があるか

治験詳細画面

目的


この治験は、水素ガスを吸入することが骨格筋の血流動態、筋柔軟性、関節可動域にどのような影響を与えるかを健康な男性を対象に調べるものです。

基本情報


募集ステータス

募集前

対象疾患

高濃度水素+酸素ガス吸入により血流改善が見込まれる

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、18歳以上40歳以下の男性で、身体に疼痛や運動障害がなく、自分で十分な判断ができ、参加に同意できる人です。ただし、身体に怪我や障害がある人や、下肢に手術歴がある人、研究担当者が不適格と判断した人は参加できません。

治験内容


この治験は、高濃度の水素と酸素を吸入することで、血流が改善されるかどうかを調べるものです。治験のタイプは介入研究で、フェーズ0と呼ばれる段階にあります。主要な評価方法は、膝の血管の径や血流速度を調べることです。また、第二の評価方法として、下肢の伸展挙上や踵と臀部の距離、足首の可動域、そして垂直飛び高などの運動パフォーマンスを調べます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

昭和大学スポーツ運動科学研究所

神奈川県横浜市青葉区藤が丘2ー1ー1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。