高濃度水素ガス吸入が下肢血流量、筋柔軟性、関節可動域に与える影響

目的

本研究は、健常成人男性を対象に、水素ガス吸入が骨格筋の血流動態・筋柔軟性・関節可動域に与える影響を調査することを目的とする。

お問い合わせ情報

組織
昭和大学スポーツ運動科学研究所

メールアドレス
tamu-m@cmed.showa-u.ac.jp

電話番号
0459786333

基本情報

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性


    年齢

    18歳 以上40歳 以下


    選択基準

    1)身体に疼痛や運動障害を有していない者2)本研究の参加について十分な判断能力を有する者3)本研究への参加について本人から同意が得られる者


    除外基準

    1)身体に怪我および障害を有する者2)下肢に手術歴のあるもの3)研究担当者の判断で不適格とされた者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    膝窩動脈血流動態 血管径・血流速度


    第二結果評価方法

    ・ハムストリングス柔軟性:下肢伸展挙上(straight leg rising:SLR)・大腿直筋柔軟性:踵臀部間距離(heel buttocks distance:HBD )・足関節可動域:背屈・底屈・運動パフォーマンス:垂直飛び高

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)