観察研究

児童精神科を受診する子どもたちに対する社会的支援ロボットとの交流に関する調査

治験詳細画面

目的


この研究は、児童精神科に通院する子供たちがロボットや周りの人々からどのようなサポートを期待しているかを調べ、その特徴が子供たちのメンタルヘルスにどのように影響するかを調べることを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

精神疾患または機能障害

情報なし

参加条件


この治験に参加できるのは、小学校3年生以上中学校3年生以下で、8歳以上15歳以下の男女です。参加する前に、児童と養育者の両方が、この研究の目的や内容を理解し、自分たちの意志で参加することに同意書にサインする必要があります。ただし、希死念慮がある場合や問題行動がある場合、また養育者が身体疾患や精神疾患、認知機能障害を持っている場合は参加できません。また、研究責任者や分担研究者が不適当と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、精神疾患や機能障害を持つ子供たちを対象にした観察研究です。主な評価方法は、児童のソーシャル・サポートや気分に対するソーシャル・サポートについて尋ねる質問です。また、児童の不安症状や抑うつ症状、自閉症スペクトラム指数、行動的・情緒的問題、ロボットへの意識なども評価します。評価は、児童自身や養育者が記入する質問票を使用します。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

東京都小平市小川東町4-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。