バックスクワットエクササイズ中の筋疲労評価における、主観的運動強度の妥当性

臨床研究

目的

バックスクワットエクササイズ中の筋疲労評価における、主観的運動強度が筋疲労を評価するための妥当性を検証し、速度低下に基づいた筋疲労評価の精度と比較することであった

基本情報

募集ステータス
募集終了

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性


年齢

20歳 以上30歳 未満


選択基準

1) 研究参加について本人から文書で同意が得られる者。2) 同意取得時に20~30歳の健常な男性。3) レジスタンスエクササイズに慣れている4) 実験過程を通して遵守事項を含め協力できる者。


除外基準

1) レジスタンスエクササイズテクニックが熟練されていない者。2) 過去半年間に、怪我があった者。3) 本研究の実施に障害となる傷病を有している者。4) 日常的に薬などの摂取をしている者。上記以外で研究責任者が本試験の対象として不適当と認めた者。

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

筋疲労度、運動速度、主観的運動強度


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名