AMPA受容体を通して見たてんかんのメカニズムを明らかにする臨床試験

臨床研究

目的

てんかん患者における焦点性てんかんおよび全般性てんかんの発作および認知機能低下に関するメカニズムを明らかにすること。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性


年齢

20歳 以上59歳 未満


選択基準

・健常者における加齢および性別に伴うAMPA受容体密度の検討:[11C]K-2を用いた横断PET研究(jRCTs031200083)で撮像され、横浜市大生理学教室に保管される健常者の[11C]K-2画像データのうち、20-40代の男性で解析可能なデータであること・疾患横断的診断法の開発における放射性リガンド[11C]K-2の有効性をうつ病、双極性障害、統合失調症、依存症、ASD、てんかん、FTD症例と健常人で比較検討するパイロット試験(UMIN000025132)で撮像され、横浜市大生理学教室に保管されるデータのうち、てんかん患者で最終発作から1年以内に撮像された解析可能な[11C]K-2画像データおよび脳波データであること。・放射性リガンド[11C]K-2 を用いたてんかん患者における AMPA 受容体発現量測定を目的とした疫学的臨床試験(UMIN000031624)で撮像され、横浜市大生理学教室に保管された解析可能なてんかん患者の[11C]K-2画像データ、IQスコアおよび脳波データであること。


除外基準

なし

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

焦点性てんかん患者および全般性てんかん患者におけるSUVRとgamma/theta帯域におけるamplitudeとの相関


第二結果評価方法

・焦点性てんかん患者および全般性てんかん患者におけるSUVRとBPndとの相関・健常人と焦点性てんかん患者および全般性てんかん患者におけるSUVRの有意差のある脳領域・焦点性てんかん患者および全般性てんかん患者におけるSUVRとI Qスコアとの相関を示す脳領域

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報