科学的介護実践に向けてのLIFEデータを用いたフィードバックシステムの開発とエビデンス創出

臨床研究

目的

科学的介護推進のためには、科学的裏付け(エビデンス)に基づいたケアを明らかにし、介護現場へフィードバックすることが重要である。厚生労働省は科学的介護推進のために2021年度から介護サービス利用者の状態や介護ケアの内容などを収集するデータベースとして科学的介護情報システム(Long-term care Information system For Evidence、以下LIFE)の利用を開始しており、これらデータを活用して効果的な介護ケアに関するフィードバックを想定しているが、いまだ十分ではなく科学的介護に結びついていない状況である。また、これらデータを活用したエビデンス創出は十分ではない。そこで本研究では全国データを用いて①我々が創出したエビデンスが現場へ適用できるかを検証すること、②介護サービス利用者における状態改善に効果がある介護サービスやケア内容を明らかにすること、を目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

65歳 以上上限なし


選択基準

令和3年4月から令和4年9月までの期間における全国の65歳以上の介護保険被保険者のうち、介護保険サービスを利用した者。


除外基準

特に設けていない。

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

要介護度の変化、ADLの変化、低栄養状態の変化、褥瘡の発生、在宅復帰,


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

LOADING ..