橈骨動脈アプローチによるカテーテル治療後の無症候性脳梗塞の発生頻度に関する研究

臨床研究

目的

橈骨動脈アプローチによる肝血管内治療後の無症候性脳梗塞の頻度及びリスク因子を明らかにする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

以下の基準をすべて満たす対象1) 肝細胞癌に対して肝動脈化学塞栓療法(TACE)、血管塞栓術(TAE)、動注化学療法(TAI)を施行する症例2) 同意取得時の年齢が18歳以上である。3) 患者本人から文書による同意が得られている。


除外基準

1) 体内金属や閉所恐怖症等によりMRIが撮像できない患者2) 下記に示す重篤な合併症を有する。・ヨードを含む薬剤あるいは造影剤に対する過敏症の既往歴がある。・重篤な薬物アレルギーがある。3) 妊婦・授乳中および妊娠の可能性または意思がある症例、または挙児を希望する。4) その他、医師が本試験を安全に実施するのに不適当と判断する。

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

無症候性脳梗塞の発生割合


第二結果評価方法

症候性脳梗塞の発生割合、橈骨動脈閉塞割合、その他手技に伴う有害事象、リスク因子

利用する医薬品等

一般名称

販売名