ガンシクロビル製剤の薬物動態学的パラメーターとサイトメガロウイルス感染治療における有効性・安全性との関連を検討するシングルアーム・第II相試験

目的

本研究は、サイトメガロウイルス(CMV)感染に対してガンシクロビル(GCV)注射剤を「(先制)治療」目的で使用した患者における血中濃度より算出される薬物動態学的パラメーター(Cmin、Cmax、AUC)と有効性・安全性の関連を検討することを目的とする。また、それらの薬物動態学的パラメーターのコントロールの目標値を探索する。それにより、血中濃度モニタリングによる投与設計(therapeutic drug monitoring, TDM)に基づく有効かつ安全なGCV投与法の確立のための仮説が得られ、さらなる検証的な試験を行うために有用な情報が得られると考えられる。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

千葉大学医学部附属病院における通常の診療において、GCV注射剤による治療を行う患者。ただし、以下の1~5の全てに該当する患者、または1~6の全てに該当する患者を対象とする。

1)年齢20歳以上(性別不問)

2)以下のいずれかにおいてCMV陽性と診断された患者

a)サイトメガロウイルス抗原検査においてpp65抗原(C7-HRP)陽性多形核白血球細胞数が2個/50,000個以上

b)サイトメガロウイルス抗原検査においてpp65抗原(C10/C11) 陽性多形核白血球細胞数が 2スライド合計3個以上

3)血液内科、アレルギー・膠原病内科、救急科、肝胆膵外科、消化器内科、呼吸器外科、呼吸器内科の入院患者

4)(先制)治療目的でGCV注射剤の投与を行うこととなった患者。過去のGCV注射剤によるCMV感染治療歴の有無は問わない

5)本試験参加について、試験開始前に本人または代諾者へ十分な説明を行い、本人または代諾者による同意文書が得られている患者

6)持続的血液濾過透析(continuous hemodiafiltration, CHDF)施行下の患者。間欠的(intermittent)にCHDFを施行している患者


除外基準

以下のいずれかに該当する患者は除外する

1)GCV注射剤の成分、バルガンシクロビル、アシクロビル、バラシクロビルに対する過敏症の既往歴のある患者

2)妊婦又は妊娠している可能性のある女性

3)透析患者。ただしCHDF施行下の患者、間欠的(intermittent)にCHDFを施行している患者は試験に含める

4)すでに本試験に参加したことがある患者

5)その他、本試験実施上、患者の安全を損なう可能性がある、あるいは本試験実施計画の遵守が困難と判断される患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

GCV投与後の薬物血中濃度-時間曲線下面積(area under the blood concentration time curve, AUC)と有効性の関連


第二結果評価方法

有効性の副次評価項目

0.GCVの薬物血中濃度トラフ値(Cmin)と有効性の関連

1.GCVの最高薬物血中濃度(Cmax)と有効性の関連

2.CHDF施行下でGCVを投与後のAUCと有効性の関連

3.CHDF施行下でGCVを投与後のCminと有効性の関連

4.CHDF施行下でGCVを投与後のCmaxと有効性の関連

安全性の副次評価項目

1.GCVのAUCと「ヘモグロビン低下」の関連

2.GCVのAUCと「白血球減少」の関連

3.GCVのAUCと「好中球数減少」の関連

4.GCVのAUCと「血小板数減少」の関連

5.GCVのAUCと「ALT増加」の関連

6.GCVのAUCと「ALP増加」の関連

7.GCVのAUCと「AST増加」の関連

8.GCVのAUCと「血中ビリルビン増加」の関連

9.GCVのAUCと「LDH増加」の関連

10.GCVのAUCと「低アルブミン血症」の関連

11.GCVのAUCと「クレアチニン上昇」の関連

12.GCVのAUCと「クレアチニンクリアランス低下」の関連

13-24.GCVのCminと、上記1-12の各臨床検査値の関連

25-36.GCVのCmaxと、上記1-12の各臨床検査値の関連

37-48.CHDF施行下でGCVを投与後のAUCと、上記1-12の各臨床検査値の関連

49-60.CHDF施行下でGCVを投与後のCminと、上記1-12の各臨床検査値の関連

61-72.CHDF施行下でGCVを投与後のCmaxと、上記1-12の各臨床検査値の関連

探索的評価項目

1.GCV投与後のAUCの値に影響する因子の探索

2.GCV投与後のCminの値に影響する因子の探索

3.GCV投与後のCmaxの値に影響する因子の探索

4.GCVの目標AUCの探索

5.GCVの目標Cminの探索

6.GCVの目標Cmaxの探索

利用する医薬品等

一般名称

ガンシクロビル


販売名

ガンシクロビル点滴静注用500mg「ファイザー」