健常人ボランティアを対象としたアナフィラキシー検査の予備試験

目的

アナフィラキシーの原因検索法のひとつとして皮膚テストがある。しかし、検査の際に疼痛を伴うこと、アナフィラキシーが出現する可能性があること等の欠点がある。本研究の目的は、皮膚テストの代わりとして有望な、in vitro検査の方法を確立することである。そのためには、まず初めに健常人ボランティアを対象として、疑陽性の出現しない最高濃度を知ることが必要となる。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) 20歳以上で本研究を理解し、協力を得られること。2) 本研究の参加に関して同意が文書で得られていること


除外基準

1) 妊婦、もしくは妊娠の可能性のある者2) βブロッカー内服者3) ステロイド内服者4) 現在までに周術期使用薬でアレルギーを起こした既往のある者5) 抗ヒスタミン薬の内服を中断できない者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

in vitro検査に最適な周術期使用薬の濃度の探索


第二結果評価方法

in vitro検査の精度を向上させる手法を検索する。

利用する医薬品等

一般名称

Allergenicityキット


販売名

Allergenicity kit