頸髄損傷患者に対する術中亜酸化窒素使用の術後疼痛の有効性

臨床研究

目的

術中亜酸化窒素の使用によって頚髄損傷後の疼痛の程度と性質に変化が起こるかを検討する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    頚髄損傷による準緊急の脊椎手術を施行した20歳以上のASIA分類C、Dの頚髄損傷患者


    除外基準

    気胸・頭部外傷、四肢外傷(骨折、神経障害)、日本語を話さない、意識障害あり、希死念慮など精神疾患の合併、他の外傷の合併、血液疾患の既往

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    術前後において過去24時間の痛みの強さ(NRSを用いる)


    第二結果評価方法

    1.術後の神経障害性疼痛の範囲の変化:上肢においてデルマトームに沿った痛み・しびれの範囲2.過去24時間の神経障害性疼痛の性状と強さ: NPSI3.心理状態 : HADS4.ADL : EQ5D5.改善度 : PGIC6.手術までの時間と痛みの関連7.ASIA分類ごとの痛みの変化

    利用する医薬品等

    一般名称

    亜酸化窒素、セボフルラン


    販売名

    小野笑気、セボフルラン吸入麻酔薬「ニッコー」

    同じ対象疾患の治験

    (1件)