大腿骨頸部骨折に対してPENGブロックによる術前リハの効果

臨床研究

目的

大腿骨頸部骨折に対して人工骨頭置換術を予定されている患者の術前リハビリテーション介入時にPENGブロック(Pericapsular Nerve Group;股関節包周囲神経ブロック)を施行し鎮痛を行い、立位を取ることをもってリハビリテーションができるかを検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

①同意書の取得時における年齢が満20歳以上の患者②Garden分類にてStage3-4の大腿骨頸部骨折で、人工骨頭置換術を予定されている患者③ASA-PS(American Society of Anesthesiologists physical status、アメリカ麻酔学会における全身状態分類):1(合併症無く全身状態良好)〜3(高度の全身疾患を有するが運動不可能ではない)の患者


除外基準

①認知症のある患者②対象薬剤のアレルギーを持つ患者③受傷前から立位が取れていなかった患者④人工骨頭置換術既往のある患者⑤すでに当試験に参加されている患者⑥PENGブロックの施行予定部位の感染のある患者⑦担当医師が本研究への参加に不適当と判断された患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

初回リハビリテーション介入時の立位の成功率(介助の有無に関わらず立位になって体重を足で支えられる)


第二結果評価方法

①健肢SLR(Straight Leg Raise;下肢伸展挙上)テスト②ブリッジ(腰上げ)の成功率③IMS(Intensive Care Unit Mobility Scale;集中治療室離床スケール)I. ベッド上座位の成功率II. 端座位(介助の有無に関わらず)の成功率III. ベッドから椅子への移乗(介助の有無に関わらず)の成功率IV. ベッドサイドで足踏み(介助の有無に関わらず足を交互に上げる)の成功率V. 2名以上の介助で歩行(ベッドや椅子から離れて少なくとも5メートル歩く)の成功率VI. 1名の介助で歩行(ベッドや椅子から離れて少なくとも5メートル歩く)の成功率VII. 歩行補助具を使って自立して歩行(人による介助はなく、歩行補助具を用いて、ベッドや椅子から離れて少なくとも5メートル歩く。車椅子患者の場合は、ベッドや椅子から5メートル自力で車椅子を操作して離れられる)の成功率VIII. 歩行補助具無しで自立して歩行(人による介助はなく、歩行補助具を用いないで、ベッドや椅子から離れて少なくとも5メートル歩く)の成功率④MMT(Manual Muscle Testing;徒手筋力検査)⑤疼痛スコア:NRS(Numerical Rating Scale)⑥疼痛スコア:VAS(Visual Analogue Scale)

利用する医薬品等

一般名称

アナペイン


販売名

アナペイン注7.5mg/mL

組織情報

実施責任組織

LOADING ..