HIV感染者における帯状疱疹ワクチンの有効性比較試験

臨床研究

目的

HIV感染者は細胞性免疫が低下することによって帯状疱疹に罹患しやすい。帯状疱疹を予防するワクチンは2種類が使用可能だが、head-to-headで比較したデータはなく、有効性と安全性の真の相違は明らかでない。今回は、「不活化帯状疱疹ワクチン(IV)は水痘生ワクチン(LV)と比べて有効性に優れる」という仮説を検証することを目的に研究を行うこととした。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

50歳 以上上限なし


選択基準

① 年齢50歳以上の者

② HIVに感染しており、直近の血中CD4数200 /μL以上

③ 本研究への参加にあたり十分な説明を受け、本人の自由意思により文書による同意を得られた者


除外基準

① 今回使用するワクチンまたはその成分によって重篤なアレルギー反応を生じた者

② 重度免疫不全がある者

③ 過去5年以内に水痘帯状疱疹ウイルスに対するワクチンを接種した者

④ 研究責任者または分担者が不適当と判断する者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

帯状疱疹罹患


第二結果評価方法

ワクチン接種後の血清VZV-IgGおよび水痘抗原皮内反応

ワクチン接種に伴う有害事象

利用する医薬品等

一般名称

乾燥組換え帯状疱疹ワクチン、乾燥弱毒生水痘ワクチン


販売名

シングリックス筋注用、乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」