PENGブロックと術前リハビリ

臨床研究

目的

大腿骨頸部骨折に対して人工骨頭置換術を予定されている患者の術前リハビリテーション介入直前にベッドサイドにてPENGブロック(Pericapsular Nerve Group;股関節包周囲神経ブロック)を施行し鎮痛を行い、初回リハビリテーション時に離床できるかどうかを検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

① 同意書の取得時における年齢が満20歳以上の患者② Garden分類にてStage3-4の大腿骨頸部骨折で、人工骨頭置換術を予定されている患者③ ASA-PS(American Society of Anesthesiologists physical status、アメリカ麻酔学会における全身状態分類):1(合併症無く全身状態良好)〜3(高度の全身疾患を有するが運動不可能ではない)の患者


除外基準

① 認知症のある患者(Mini-cogテストで3点未満と定義する)② 対象薬剤のアレルギーを持つ患者③ 受傷前から離床できなかった患者④ 同側に人工骨頭置換術既往のある患者⑤ PENGブロックの施行予定部位の感染のある患者⑥ 病的骨折である患者⑦ 担当医師が本研究への参加に不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

術前初回リハ時の離床率(理学療法士1人の介助下にて車椅子への移乗と定義する)


第二結果評価方法

①初回リハビリテーション介入時における以下リハビリ項目の達成度(合計5項目;達成できれば1点、達成できなければ0点、満点5点とする;理学療法士1人の介助下):1) ベッド上座位2) 端座位3) 立ち上がり4) 立位保持(歩行器を使用し患側下肢の免荷介助がある状態で10秒間立位保持)5) 車椅子移乗②各項目施行時のNRS(疼痛スコア)③術前2回目以降のリハビリ達成度④術直前Hb⑤術中出血量⑥術後1週間以内の合併症(血栓塞栓イベント)⑦術後3日間のCumulated Ambulation Score(CAS;術後患者の運動機能を予測するスコア;術後転帰との相関性がある)⑧術後リハビリ達成度⑨術後リハビリ各項目の必要日数⑩術後退院可能日⑪術後転帰先(自宅、リハビリ病院、施設、転院できないなど)⑫半年後の転帰

利用する医薬品等

一般名称

アナペイン、生理食塩水


販売名

アナペイン注7.5mg/mL、大塚生食注

組織情報

実施責任組織

LOADING ..