間質性肺炎急性増悪に対するステロイド薬治療の重症度に応じた層別化

臨床研究

目的

間質性肺炎急性増悪は依然として予後不良の病態であるが、その治療としてステロイド薬のパルス療法をはじめとした大量投与がおこなわれてきた。しかしながら、ステロイド薬による耐糖能異常、易感染性、骨粗鬆症など有害事象がその後の予後の悪化やADLの低下、ひいてはQOLの低下に寄与している可能性がある。そこで我々はP/F比、CRP,胸部CT画像から線維化間質性肺炎急性増悪の重症度を層別化しこれに応じてステロイド薬の量を調整することで、ステロイド薬の総投与量を減らし、適切な量のステロイド薬を投与することで、その後の合併症が減らせる可能性があり、その後のADL,QOLの維持に役立つ可能性がある。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上85歳 以下


選択基準

間質性肺炎急性増悪と診断された患者


除外基準

文書による同意が得られない患者。ステロイド薬が使用できない患者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

3か月、6か月、12か月の時点での積算のステロイド投与量


第二結果評価方法

① 3か月、6か月、12か月の時点でのステロイド合併症の有無について、年齢、急性増悪の重症度をマッチした過去の症例と比較② 3か月、6か月、12か月後の予後について、年齢、急性増悪の重症度をマッチした過去の症例と比較、スコアリングシステムの検証。③ プロトコールに従った治療を行った上で、ステロイド増量が必要であった患者の割合年齢、急性増悪の重症度をマッチした過去の症例と比較。④ 骨密度 急性増悪発症後1年以内の骨密度を測定し、安定期の骨密度と比較する。⑤ ステロイド投与後の効果、有効性を発症時のPaO2/FiO2比、SpO2/FiO2比,胸部CT画像を発症後1,3,6か月の時点での有効性を比較する。

利用する医薬品等

一般名称

プレドニゾロン


販売名

プレドニゾロン