拡散型圧力波が疲労課題後の筋機能に与える影響

目的

近年、スポーツ障害に対する新たな疼痛緩和療法として体外衝撃波治療が注目されている。体外衝撃波治療は収束型体外衝撃波と拡散型圧力波の2種類の機械による治療に分けられる。 スポーツ現場ではマッサージやストレッチの代替として疲労回復を目的に使用されているケースもあるが、拡散型圧力波が筋機能に及ぼす影響は未だ不明瞭な部分が多く、回復効果などを検討したものは見られない。そこで本研究では拡散型圧力波が疲労課題後の筋機能にどのような影響を及ぼすのかを明らかにすることを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

筋損傷


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上35歳 未満


選択基準

普段から高強度の運動を実施していない一般人

過去6ヶ月以内に下肢外傷および障害の既往がないもの


除外基準

過去6ヶ月以内に下肢に外傷や障害があった者

右脚ふくらはぎに肉離れの既往があるもの

治験内容

研究のタイプ

非特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

超音波画像診断による筋組織の変化


第二結果評価方法

筋硬度、筋形態、血流量、

足関節最大背屈角度

等尺性足関節最大筋力

ジャンプ高

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

早稲田大学


住所

埼玉県所沢市三ケ島2-579-15