年代別における自覚的・他覚的眼球回旋の検討

臨床研究

目的

近年、高齢者の回旋斜視を呈するSagging eye syndrome(SES)の存在が議論されている。年代別の回旋融像幅や、自覚的な眼球回旋と他覚的な眼球回旋の関連性を検討した報告はなく、年代別における生理的な眼球回旋の機能的・器質的変化は不明な点が多い。本研究では、自覚的な回旋融像幅と他覚的な眼底における眼球回旋角を年代別に比較し、加齢による影響があるかを検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別


年齢

斜視


選択基準

男性・女性


除外基準

治験内容


主要結果評価方法

年代別の自覚的回旋融像幅


第二結果評価方法

年代別の眼底回旋

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報