認知症とその重症度の鑑別診断のための臨床MRI検査を利用した皮質整列異常測定(Cortical Disarray Measurement: CDM®)法に関するプレパイロット研究

目的

本研究はプレパイロット研究として行うため、以下が主目的となる。日本の認知症クリニックで患者の説明同意文書作成後に通常のMRI撮影に追加し臨床用DTI 30+と3DT1撮影画像と臨床データが、CDM解析のために英国のOBD社に簡単かつ安全にアップロードされることを確認することである。次に、臨床データ(年齢、性別、臨床診断名、罹病期間、MMSE-Jスコア、MoCA-Jスコア)を用いた疾患・重症度判別を目的としたCDM解析を行うために、英国OBD社が測定パラメータを調整・選択できることを確認し、CDMのさらなる使用を検証するために、CDM測定パラメータの解釈、判別モデル、判別式が適用可能かを確認した上で、次回のパイロット試験の症例数を予測することである。(共同研究者である英国OBD社: Oxford Brain Diagnostics Ltd Registered No. 11703979)

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

アルツハイマー病, 前頭側頭葉変性症, 脳神経疾患がない以下の患者、腰椎症、頚椎症、筋緊張性収縮性頭痛、高血圧、高脂血症


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

70歳 0ヶ月 0週 以上上限なし


選択基準

1.70才以上のNHO新潟病院の外来通院中のアルツハイマー病、前頭側頭葉変性症,および脳神経疾患がなく腰椎症、頚椎症、筋緊張性収縮性頭痛、高血圧、高脂血症等で通院中の患者。

2. 脳MRI検査を希望する患者。

3. 言語聴覚士または臨床心理士がMMSE-JおよびMoCA-Jの評価を既に行っているか今後行える患者。


除外基準

神経変性疾患、脳血管疾患、その他の重篤な疾患のいずれかと診断されている方。

治験内容

研究のタイプ

観察研究観察研究


主要結果評価方法

認知症クリニックでIC後に撮影されたMRI DTI30+、3DT1画像と臨床データが、CDM解析のために英国のOBD社に簡単かつ安全にアップロードされるか確認する。(OBD社とは Oxford Brain Diagnostics Ltd, registered in England and Wales. Registered No. 11703979 Oxford Centre for Innovation, New Road, Oxford, OX1 1BY)


第二結果評価方法

臨床データ(年齢、性別、臨床診断名、罹病期間、MMSE-Jスコア、MoCA-Jスコア)を用いた疾患・重症度判別を目的としたCDM解析を行うために、英国OBDが測定パラメータを調整・選択できることを確認し、CDMのさらなる使用を検証するために、CDM測定パラメータの解釈、判別モデル、判別式が適用可能かを確認した上で、次回のパイロット試験の症例数を予測する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

独立行政法人国立病院機構新潟病院


住所

新潟県柏崎市赤坂町3番52号