睡眠衛生指導による勤労者のプレゼンティズム改善効果

臨床研究

目的

睡眠習慣の改善を目的とした簡便な睡眠衛生指導による、勤労世代での仕事のパフォーマンス向上への有効性を検証する。

基本情報

募集ステータス
募集前


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上65歳 以下


    選択基準

    1) 同意取得時において年齢が20歳以上65歳以下の者2) 医療機関などで睡眠障害の診療・治療を受けていない者


    除外基準

    1) 計測機器類を自身で装着できない者2) 質問票に回答できない者3) その他、研究責任者が不適当と判断した者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    Work Limitations Questionnaire 日本語版(WLQ-J)スコア(プレゼンティズム主観評価尺度スコア)Psychomotor Vigilance Task(PVT)スコア(プレゼンティズム客観評価スコア)


    第二結果評価方法

    睡眠関連指標(睡眠日誌、Sleep Graph検査結果、Fitbit検査結果、活動量計、ポータブル動脈血酸素飽和度(SpO2)モニタ、Pittsburgh Sleep Quality Index(PSQI)スコア、Epworth Sleepiness Scale(ESS)スコア、SF8 Health Survey(SF-8)スコア、Patient Health Questionnaire -9(PHQ-9)スコア、Generalized Anxiety Disorder -7(GAD-7)スコア)

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)