治療抵抗性うつ病への反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)による維持療法

臨床研究

目的

抗うつ薬による薬物療法に反応しない中等症以上の成人うつ病を対象とし、急性期反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)療法(3〜6週間)に反応あるいは寛解した患者に対して、rTMSによる維持療法(12か月間)を行い、維持rTMS療法の有効性および安全性を検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

1. rTMS適正使用指針に準拠し、急性期rTMS療法によって、反応もしくは寛解した患者(18歳以上)2. 維持rTMS療法を希望する場合、治療スケジュールを遵守する意思を有する患者


除外基準

1. 妊娠している患者2. 希死念慮の著しい患者(HAMD17の自殺の項目が3点以上)3. 急性期rTMS療法にて、重篤な有害事象が発生した患者4. 研究代表医師・研究責任医師が対象として不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

登録後12ヵ月までの再燃・再発率


第二結果評価方法

登録後3ヵ月、6ヵ月、9ヵ月の再燃・再発率ただし、各評価時期より前に再燃・再発している対象者は以降も再燃・再発として扱う。登録後3ヵ月、6ヵ月、9ヵ月、12ヵ月の反応率登録後3ヵ月、6ヵ月、9ヵ月、12ヵ月の寛解率登録後のHAMD17、MADRS、QIDS、PHQ-9の変化量登録後、再燃・再発までの期間有害事象不具合

利用する医薬品等

一般名称

販売名