EBUS-TBNAにおけるフランシーン針の有用性の探索

臨床研究

目的

EBUS-TBNAでのフランシーン針の有用性,特に組織面積や腫瘍細胞割合,血液混入率について,従来針:ランセット針と比較し検証する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1) 原発性肺癌が疑われる患者2) 気管支鏡による縦隔リンパ節の検体採取を予定している患者3) 同意取得時に20歳以上の患者4) 本研究内容について十分な説明を受け,文書による同意が得られている患者


除外基準

1) 原発性肺癌の治療歴がある患者2) 低酸素血症,出血傾向などから気管支鏡が禁忌であると判断される患者3) 妊娠中,妊娠の可能性がある,産後28日以内,授乳中のいずれかに該当する患者4) 試験責任医師又は,試験分担医師が本試験を安全に実施するのに不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

各リンパ節検体の組織面積


第二結果評価方法

各リンパ節検体の腫瘍割合各リンパ節検体の血液混入率フランシーン針とランセット針の診断一致率有害事象の発生頻度各リンパ節検体のバイオマーカー検査成功率

利用する医薬品等

一般名称

販売名