デジタル印象を用いて下顎第一大臼歯欠損に対し冠橋義歯を製作する際に、プロビジョナルレストレーション装着の有無が最終補綴装置の調整量に及ぼす影響の検証

目的

本研究は、下顎第一大臼歯欠損に対してブリッジによる補綴治療を行う予定の患者を対象とし、プロビジョナルレストレーションを装着した状態(以下Prov+)と装着していない状態(以下Prov-)で、口腔内スキャナーを用いて顎間関係を記録し、それぞれのデータから最終補綴装置を製作し調整量を比較することで、プロビジョナルレストレーション装着の有無が最終補綴装置の調整量に及ぼす影響を検証することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1)第一大臼歯欠損に対し冠橋義歯装着予定患者。2)年齢が20歳以上である患者。3)プロビジョナルレストレーションによる暫間補綴が行われている患者。


除外基準

1)歯周炎を有する患者。2)顎関節症を有する患者。3)口腔領域の痛みを有する患者。4)急性口腔疾患を有する患者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

Prov+で顎間関係を記録したデータを元に製作した最終補綴装置と、Prov-で顎間関係を記録したデータを元に製作した最終補綴装置の調整量の差を三次元的に定量化する。


第二結果評価方法

Prov+で顎間関係を記録した上下顎歯列の三次元形態データと、Prov-で顎間関係を記録したデータにおける、対合歯列と支台歯歯列の距離の差を定量化する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報