観察研究

手術後の腸管再建例において、EUS-FNAの効果を調査する研究

治験詳細画面

目的


この治験は、超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)を使用して、膵病変の診断を行うことが困難な術後再建腸管例において、EUS-FNAの成績や安全性を評価することを目的としています。

対象疾患


術後再建腸管例においてEUS-FNAを施行した症例
-

参加条件


募集終了

この治験に参加するには、18歳以上であれば男性でも女性でも参加できます。ただし、2018年6月1日から2022年6月30日までに手術を受けて、再建腸管例においてEUS-FNAという検査を受けたことがある人が対象です。ただし、18歳未満の人は参加できません。また、研究代表者や研究責任者が不適切と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、手術後に腸管を再建した患者さんたちを対象に、EUS-FNAという検査を行うことで、手術後の状態を評価することを目的としています。この治験は観察研究と呼ばれ、手技的成功数や検査の正確性、偶発症などを評価することで、この検査が有効かどうかを調べることが目的です。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


富山大学附属病院

富山県富山市杉谷2630

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。