観察研究

子どもの脳の発達に関する研究:高次認知制御とその神経基盤の検討

治験詳細画面

目的


治験の目的は、学童期以降に成長する複雑な認知制御の発達について調べることであり、複数ルール課題と機能的近赤外分光法(fNIRS)を使って高次認知制御機構の発達を明らかにすることを目的としている。

対象疾患


定型発達者

参加条件


募集中

この治験に参加できるのは、5歳以上12歳未満の男女です。参加する前に、本人と代諾者の両方から同意を得る必要があります。ただし、視覚異常がある人、脳の病気や精神疾患、てんかんなどの神経疾患を持っている人、知的レベルが80以下の人、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)の診断基準を満たさない人などは参加できません。また、研究者が参加が適切でないと判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、定型発達者という特定の病気を持っていない人を対象に行われます。研究のタイプは観察研究で、主に認知課題による成績(正答率)や脳の活動を測定するfNRISを使って、認知機能について調べます。また、第二の評価方法として、認知課題の反応時間や行動上の実行機能評価を行います。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


浜松医科大学

静岡県浜松市東区半田山1-20-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。